旧真法院客殿及び庫裏(西宮家住宅主屋) きゅうしんぽういんきゃくでんおよびくり(にしみやけじゅうたくおもや)

宗教建築 / 近畿 

奈良県
江戸/1850
木造平屋建、瓦葺、建築面積311㎡
1棟
奈良県桜井市大字多武峰336
登録年月日:20200403
登録有形文化財(建造物)

旧妙楽寺子院が神仏分離後、社家住宅となったもの。客殿は三列九室を配し、周囲に鞘の間や縁を廻らし大規模で、南西に唐破風玄関、南東に庫裏を付す。北に床付の座敷を据え、その南は内拝所だが旧仏間で、本尊厨子は小屋裏に据えている。子院建築の好例。

作品所在地の地図

関連リンク

旧真法院客殿及び庫裏(西宮家住宅主屋)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧慈門院客殿及び庫裏(陶原家住宅主屋)
旧慈門院持仏堂(陶原家住宅持仏堂)
旧真法院塀重門(西宮家住宅塀重門)
堀井家住宅離れ
旧慈門院小座敷及び土蔵(陶原家住宅小座敷及び土蔵)
ページトップへ