文化遺産オンライン

松本家住宅主屋

まつもとけじゅうたくしゅおく

作品概要

松本家住宅主屋

まつもとけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 近畿

奈良県

昭和前/1926~1945

木造2階建、瓦葺、建築面積243㎡

1棟

奈良県北葛城郡広陵町大字古寺308

登録年月日:20171027

登録有形文化財(建造物)

大和盆地中心部の環濠集落に建つ。木造二階建、切妻造桟瓦葺で、桁行一〇間、梁間五間の規模。東半を土間、西を二列三室の床上部とし、北と南に縁を通す。南面中央には浴室等を突出させ、南端に四畳半を設ける。良材を多く用い、細部造作にも秀でる住宅建築。

関連作品

チェックした関連作品の検索