Water Jar With three-color glaze

Details

Water Jar With three-color glaze

ceramics / Edo

Hirasa ware

Edo period, 19th century

高14.3

1口

平佐焼は薩摩焼の一系統で、鹿児島県薩摩川内市天辰町で焼かれた。天草石を用いて磁器の焼成に成功した。染付、色絵のほか、幕末の慶応元年(1865)には鼈甲釉を編み出して活況を呈した。鼈甲釉は中国の素三彩と同じ磁胎の三彩である。20091110_h081
ルビ:ひらさ、さつませんだい、あまだつ、べっこう

Related Works

Search items related to work chosen