文化遺産オンライン

鼈甲釉水指

べっこうゆうみずさし

作品概要

鼈甲釉水指

べっこうゆうみずさし

陶磁 / 江戸

平佐

江戸時代・19世紀

高14.3

1口

平佐焼は薩摩焼の一系統で、鹿児島県薩摩川内市天辰町で焼かれた。天草石を用いて磁器の焼成に成功した。染付、色絵のほか、幕末の慶応元年(1865)には鼈甲釉を編み出して活況を呈した。鼈甲釉は中国の素三彩と同じ磁胎の三彩である。20091110_h081
ルビ:ひらさ、さつませんだい、あまだつ、べっこう

鼈甲釉水指をもっと見る

平佐をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鼈甲 / べっこ / / 平佐

関連作品

チェックした関連作品の検索