Brazier, Morning glory design in overglaze enamel

Details

Brazier, Morning glory design in overglaze enamel

ceramics / Edo

Hirasa ware

Edo period, 19th century

磁製

1口

銘文:「ひらさ」金彩銘

各面に赤、青、黄、緑、紫の絵具と金彩を用いて朝顔の図が描かれている。底裏に金彩で「ひらさ」の銘が記されている。平佐(ひらさ)焼は薩摩(さつま)焼の一系統で、鹿児島県薩摩川内(せんだい)市天辰(あまたつ)町で作られた。天草(あまくさ)陶石を取り寄せて磁器を焼成し、江戸時代末期に盛況を呈した。

Related Works

Search items related to work chosen