Harpoon Head

Details

Harpoon Head

Hokkaidō Ainu

19th century

Brass and antler

全長7.2 部長5.7 幅2.8 10.4g

1個

キテの銛頭は、二股の尾部中央にソケットをもつタイプが一般的である。木製・骨角製の本体の先端に鉄製銛先をはめ込むものが多い。回転式離頭銛は、海獣猟の盛んな北洋を中心に、さまざまな形のものがみられ、日本列島では縄文時代から使われていた。

Search by Harpoon Head

Search by Hokkaidō Ainu

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Harpoon / 銛頭 / 鹿角 / アイヌ

Related Works

Search items related to work chosen