絹本著色弥勒下生変相図 けんぽんちゃくしょくみろくげしょうへんそうず

絵画 / 近畿 

李晟
京都府
高麗/1294
絹本著色 掛幅装 画絹一幅一鋪
縦227.2㎝ 横192.0㎝
1幅
京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:20181031
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人妙満寺
国宝・重要文化財(美術品)

日本に伝来した朝鮮半島・高麗時代の仏教絵画のひとつ。至元31年(1294)の年記と高麗の宮廷絵師・李晟の名前が記されており、高麗中央画壇の基準作として極めて貴重である。高麗仏教信仰の独自な特徴を示す点で東アジア仏教文化史上極めて重要な作品と言える。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色弥勒下生変相図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色阿弥陀浄土図
絹本著色阿弥陀如来像
絵になる最初(竹内栖鳳筆 大正二年/絹本著色)
絹本著色熊野曼荼羅図
絹本著色仏涅槃図
ページトップへ