文化遺産オンライン

ジシガーミ (厨子甕)

ずしがめ

作品概要

ジシガーミ (厨子甕)

ずしがめ

陶磁

沖縄本島 壺屋焼

第二尚氏時代・19世紀

陶製

高51.5 口径31.0 胴径35.0 底径22.5

1個

琉球の葬制を特色づける儀礼に洗骨というのがある。改葬するために遺骨を洗い浄める儀式のことで、洗骨後、厨子甕に納める。厨子甕<ジーシガーミ>は素材や形式により数種類に分かれる。これは壺屋焼のもの。

ジシガーミ (厨子甕)をもっと見る

沖縄本島 壺屋焼をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

壺屋 / Tsuboya / Okinawa / 沖縄

関連作品

チェックした関連作品の検索