文化遺産オンライン

ユシビン (緑釉瓢形瓶)

りょくゆうひさごがたびん

作品概要

ユシビン (緑釉瓢形瓶)

りょくゆうひさごがたびん

陶磁

沖縄本島 壺屋焼

第二尚氏時代・18世紀末~19世紀

陶製, 蓋;木製漆塗

総高31.4 高29.5 口径7.6 底径10.3 ; 蓋 径7.8

1口

瓢箪【ひょうたん】のような形をしたこの瓶は、祭祀や慶事のおめでたい席に用いられた酒器です。「嘉瓶」もしくは「居瓶」と書きます。失透性の濃い銅緑釉は、沖縄では「オーグスヤー」と呼ばれ、つややかな深い色調が魅力であり、沖縄の色絵陶器を象徴する色といえます。

ユシビン (緑釉瓢形瓶)をもっと見る

沖縄本島 壺屋焼 をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

壺屋 / 沖縄 / Okinawa / Tsuboya

関連作品

チェックした関連作品の検索