Bronze Sword with an "Insect Antennae" Pommel

Details

Bronze Sword with an "Insect Antennae" Pommel

Archaeology / Yayoi / Saga

Place excavated:Found in Karatsu City, Saga

Yayoi period, 2nd–1st century BC

Bronze

長48.6 ; 柄頭 幅8.6 ; 剣身基部 幅3.5 ; 剣身鋒 厚0.8 ; 重量573g

1本

触角式柄頭銅剣+しょっかくしきつかがしらどうけん+は有柄式銅剣+ゆうへいしきどうけん+の一種で、出土例は極めて少ない。その名は柄頭+つかがしら+が蝶+ちょう+の触覚のような形をなすことに由来し、その起源は北方ユーラシアの青銅器文化に求められる。本例は身が細形をなし、柄頭には斜行沈線文+しゃこうちんせんもん+・蕨手状文+わらびてじょうもん+・列点文+れってんもん+を施す。

Related Works

Search items related to work chosen