磨製石剣 ませいせっけん

考古資料 

前6世紀~前5世紀 朝鮮・青銅器時代
石製
長31.2 最大幅6.3
1振

朝鮮の青銅器時代の祭祀具であり、墳墓の副葬品として用いられる。
石材から身と柄を削り出し、研磨して剣の形としたものであり、剣身は両刃が緩やかに湾曲して鋒に至る。剣身は両面とも鎬がみられる。把は鐔と柄頭が両側に突出して強調され、中央は曲線的に狭まる。把も中央に剣身の鎬に連なるように、鎬が表わされる。
石材からみて、忠清道地域の出土品の可能性が高い。
忠清南道論山市錬武邑・麻田里遺跡(国立扶余博物館所蔵、扶余15937)、忠清南道扶余郡草村面・松菊里石棺墓(国立扶余博物館所蔵、新収3096)などに類例がある。

作品所在地の地図

関連リンク

磨製石剣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

磨製石剣
鳳凰文塼
蓮華文塼
磨製石戈
磨製石戈

青谷遺跡

磨製石剣
ページトップへ