剣形石製品 けんがたせきせいひん

考古資料 / 古墳 

5世紀 古墳時代
滑石製
1:長20.5 茎長4.6 ふくら幅3.9 関部幅4.5 茎幅2.1 剣身厚11.5 茎厚0.5 2:長20.3 茎長3.5 ふくら幅2.8 関部幅3.2 茎幅1.9 剣身厚0.6 茎厚0.4
2点

鉄剣を写した石製模造品で太身と細身の2点がある。太身の1点は、切先にふくらを持ち明確な鎬を形作る。吞口の剣を象り茎の中央やや下部には目釘孔が開けられている。やや細身の1点は茎に目釘孔が2孔開けられ、全体形状は柳葉形で切先ほど鎬がはっきりしているが関付近は不明瞭となる。このような剣形石製品は古墳時代中期に登場し、本品は原形の鉄剣の形状をよくとどめる精美なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

剣形石製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鑿形石製品
短冊形斧形石製品
袋状斧形石製品
盾形石製品
刀子形石製品
ページトップへ