文化遺産オンライン

八橋蒔絵螺鈿硯箱

やつはしまきえらでんすずりばこ

作品概要

八橋蒔絵螺鈿硯箱

やつはしまきえらでんすずりばこ

漆工 / 江戸

尾形光琳作

江戸時代・18世紀

1合

国宝

 有名な『伊勢物語』第九段、三河国八橋の情景を描いた硯箱。大胆な構図に、圧倒的なデザイン力が示されている。作者の尾形光琳(おがたこうりん)は、八橋を主題にした屏風絵の名品をいくつか残しており、このテーマは自家薬籠中(じかやくろうちゅう)のものであったと考えられる。         

八橋蒔絵螺鈿硯箱をもっと見る

尾形光琳作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

光琳 / 尾形 / 台東 / 乾山

関連作品

チェックした関連作品の検索