アンボイナ島珍奇物産集成 あんぼいなとうちんきぶっさんしゅうせい

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 

ルンフィウス著 アムステルダム刊 (1628-1702)
1705年
銅版(挿絵)
39.8×27.0
1冊
オランダ語版

来歴:1994神戸市立博物館

参考文献:

ルンフィウス(1628-1702)は、オランダの博物学者です。1652年に東インド会社に入り、翌年アンボイナ島(現インドネシア)に赴任し、49年間駐在して植物や海産動物を調査しました。江戸時代に「紅毛貝譜」訳された本書は、平賀源内の蔵書に含まれており、蒹葭堂は本書の貝類の一部を模写し、収集した貝の分類にあたって参考にするなどしていました。また、浮世絵師歌川豊春は扉絵の図様を転用して「浮絵アルマニア珍薬物集之図」を描きました。

【江戸時代の洋学】

作品所在地の地図

関連リンク

アンボイナ島珍奇物産集成チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東西海陸紀行 オランダ語版
東西海陸紀行 オランダ語版

ニューホフ著 アムステルダム刊

ヨンストン動物図譜 蘭語版
ヨンストン動物図譜 蘭語版

J.ヨンストン著 M.フラウシウス訳 アムステルダム刊

イソップ物語 フランス語版
イソップ物語 フランス語版

フランシス・バーロウ画、パリ刊

ドドネウス本草図譜
ドドネウス本草図譜

ドドネウス著 ライデン刊

地下世界
地下世界

アタナシウス・キルヒャー アムステルダム刊

ページトップへ