Isopumonogatari

イソップ物語 フランス語版

Details

Isopumonogatari

イソップ物語 フランス語版

文書・書籍 / 江戸

フランシス・バーロウ画、パリ刊

1810年頃

銅版(挿絵)

25.5×18.5

1冊

フランス語版

来歴:1999神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・勝盛典子「大浪から国芳へ―美術にみる蘭書需要のかたち」(『神戸市立博物館研究紀要』第16号) 2000

動物の性格や行動にことよせた、風刺と教訓からなる説話集。紀元前6世紀頃の、ギリシア・トルコあたりの奴隷であったイソップが語った物語が口伝えでのこり、15世紀頃から様々な国の言葉に訳されて出版されるようになりました。本書は、イギリスの画家で彫刻師のフランシス・バーロウ(1626?~1702)の挿絵本の模作です。記録によると石川大浪はそのフランス語版を所持していたようで、それは、このバーロウ系統の挿絵本と考えられます。大浪本イソップやがて歌川国芳の手に渡り、「近江の国の勇婦お兼」の馬のイメージに転用されました。

【江戸の絵画】【江戸時代の洋学】

Related Works

Search items related to work chosen