東西海陸紀行 オランダ語版 とうざいかいりくきこう

ニューホフ著 アムステルダム刊
にゅーほふ
1682年
銅版(挿絵)
39.0×25.0
1冊

1640年のブラジル赴任以降、バタヴィア、北京、インドと世界各地をめぐったヨハン・ニューホフ(1618-1672)のスケッチ入りの日記をまとめ、本人の没後に出版された旅行記。江戸時代の日本にも舶載されて石川大浪が入手、大槻玄沢の『蔫録』の大浪画の挿絵に用いたり、玄沢門下の地理学者で、大浪とも親しい関係にあった山村才助(1770−1807)がその内容を翻訳するなど、当時の蘭学者らにとって最も重要な世界地理情報源のひとつでした。大浪の死後、浮世絵師歌川国芳(1797−1861)の手に渡ったらしく、「忠臣蔵十一段目夜討之図」や「二十四孝童子鑑」など、国芳の洋風版画の原図としても利用されました。



【名品2019】【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

東西海陸紀行 オランダ語版チェックした作品をもとに関連する作品を探す

忠臣蔵十一段目夜討之図
地球図
地球図

司馬江漢写并刻

ヒポクラテス像
ヒポクラテス像

石川大浪筆、シーボルト題

近江の国の勇婦於兼
紅毛婦女図
紅毛婦女図

石川大浪筆

ページトップへ