万国全図 ばんこくぜんず

絵図・地図 /  

艾儒略
明時代/17世紀前期
木版
97×49
1幅
南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:
・勝盛典子「大浪から国芳へ―美術にみる蘭書需要のかたち」(『神戸市立博物館研究紀要』第16号) 2000

イタリア人宣教師ジュリオ・アレニ(艾儒略)が著した漢訳世界地理書『職方外紀』(1623年刊)は、寛永7年(1630)に禁書とされましたが、18世紀に一時解禁されて流布し、世界地理に興味を抱く人々の必読書となりました。

江戸後期の洋風画家である石川大浪と親しかった地理学者・山村才助は、寛政8年(1796)に『職方外紀』所載の地名にラテン語とオランダ語を対照記入した『外紀西語考』を著しています。本図は、『職方外紀』に載る「万国全図」と同図。アフリカ南端(喜望峰)には、大浪が号とした「大浪山」の文字がみえます。

【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

万国全図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東西海陸紀行 オランダ語版
東西海陸紀行 オランダ語版

ニューホフ著 アムステルダム刊

獅子図
獅子図

石川大浪筆

坤輿万国全図屏風
坤輿万国全図屏風

筆者不詳/日本

忠臣蔵十一段目夜討之図
万国図
万国図

不明

ページトップへ