二十四孝童子鑑 大舜 にじゅうしこうどうじかがみ たいしゅん

木版画 / 江戸 

歌川国芳 若狭屋与一版 (1797-1861)
うたがわくによし
江戸時代、天保末期~弘化初期/1844年頃
木版色摺
25.8×37.7
1枚


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館特別展『異国絵の冒険』2001
・勝盛典子「大浪から国芳へ―美術にみる蘭書需要のかたち」(『神戸市立博物館研究紀要』第16号) 2000

大舜は彼を憎み殺そうとまでした父母弟に孝行を尽くします。その徳によって、彼が耕す地には象や鳥が来て助け、終には帝の位を譲られたという説話です。2頭の象の配置や丸いふたつの頂が特徴的な遠景の山など、全体の構図は『東西海陸紀行』挿絵中のごく小さい部分から構成し、「扉絵」から象をとりだして反転し作品の中心に据え、さらに別の図版からとりだした象を右に描いて、孝行の徳を象徴する巨象のイメージを強調します。


【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

二十四孝童子鑑 大舜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二十四孝童子鑑 董永
二十四孝童子鑑 董永

歌川国芳 若狭屋与一版

二十四孝童子鑑 曽参
二十四孝童子鑑 曽参

歌川国芳 若狭屋与一版

二十四孝童子鑑 唐夫人
二十四孝童子鑑 唐夫人

歌川国芳 若狭屋与一版

唐土二十四孝
唐土二十四孝

歌川国芳画

二十四孝童子鑑 郭巨
二十四孝童子鑑 郭巨

歌川国芳 若狭屋与一版

ページトップへ