Nijuushikodoujikagami Soshin

二十四孝童子鑑 曽参

Details

Nijuushikodoujikagami Soshin

二十四孝童子鑑 曽参

木版画 / 江戸

歌川国芳 若狭屋与一版 (1797-1861)

うたがわくによし

江戸時代、天保末期~弘化初期/1844年頃

木版色摺

24.1×35.9

1枚



来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館特別展『異国絵の冒険』2001

山へ薪採りにいった曽参は、客のもてなしに困り彼の帰りを願って指を噛む母親に胸が痛み、帰宅を急ぎます。強い孝行の気持ちが離れている母の意志をも感じ取るという話です。真っ白の雲が湧き立つ空を背景に、色面による陰影表現を用いて幽玄な雰囲気が漂う河畔の風景を見せます。風景画として破綻なくまとめられた本図においては、独特のポーズを見せる母親の表現のほかに、一見原本の存在を感じさせるものはありません。石橋や左岸の建物などは、このシリーズに多用される『東西海陸紀行』のバタヴィアの風景を参考にしたのかもしれません。


【江戸の絵画】

Related Works

Search items related to work chosen