二十四孝童子鑑 唐夫人 にじゅうしこうどうじかがみ とうふじん

木版画 / 江戸 

歌川国芳 若狭屋与一版 (1797-1861)
うたがわくによし
江戸時代、天保末期~弘化初期/1844年頃
木版色摺
25.9×37.8
1枚


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館特別展『異国絵の冒険』2001

歯が抜けて食事をとることができなくなった姑に自分の乳をふくませて養う唐夫人の孝養を描きます。椅子に腰かける唐夫人と姑や、話の筋に関係なく描かれる階段状の基台や幔幕、ターバンを巻いた左側の男性、背景に見える煙や荷を運ぶ動物など、蘭書の挿絵から抜き出したと推測される要素が散見されます。。


【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

二十四孝童子鑑 唐夫人チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二十四孝童子鑑 郭巨
二十四孝童子鑑 郭巨

歌川国芳 若狭屋与一版

二十四孝童子鑑 董永
二十四孝童子鑑 董永

歌川国芳 若狭屋与一版

二十四孝童子鑑 大舜
二十四孝童子鑑 大舜

歌川国芳 若狭屋与一版

二十四孝童子鑑 陸績
二十四孝童子鑑 陸績

歌川国芳 若狭屋与一版

二十四孝童子鑑 曽参
二十四孝童子鑑 曽参

歌川国芳 若狭屋与一版

ページトップへ