Nijuushikodoujikagami Kakyo

二十四孝童子鑑 郭巨

Details

Nijuushikodoujikagami Kakyo

二十四孝童子鑑 郭巨

木版画 / 江戸

歌川国芳 若狭屋与一版 (1797-1861)

うたがわくによし

江戸時代、天保末期~弘化初期/1844年頃

木版色摺

25.6×37.2

1枚



来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館特別展『異国絵の冒険』2001

母を充分養うには子供が妨げになると考えた貧しい夫婦が、子供を埋めるための穴を掘ったところ金の釜を掘りだし豊かになります。

中央から右半分の風景が亜欧堂田善の銅版画「真洲先稲荷隅田川眺望」によることは早くから指摘されてきました。さらに、手に独特の表情をもたせた夫婦のポーズや天使を髣髴とさせる子供の裸体には、その典拠に蘭書の存在を想起させます。


【江戸の絵画】

Related Works

Search items related to work chosen