三国妖狐図会  華陽夫人采姫が眼を射て班足王をなぐさむ さんごくようこずえ   かようふじんさいきがまなこをいてはんぞくおうをなぐさむ

木版画 / 江戸 

歌川国芳 伊勢屋忠介版 (1797-1861)
うたがわくによし
江戸時代、嘉永/1849年~1850年
木版色摺
大判
1枚


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館特別展『異国絵の冒険』2001

天竺に渡って華陽夫人と化した悪狐は、この国の王である班足王の寵愛(ちょうあい)を受けます。本図は、華陽夫人が班足王を諌(いさ)める采姫を讒言(ざんげん)によって陥れ、王の面前で樹に縛りつけ采姫の眼・耳・口を矢で射抜いてなぶり殺しにするという残虐な場面です。画想を借用した『画本玉藻譚』には遠景が描かれません。ここでは国芳独特のうねるような白雲がたなびく空をバックに異国風の建物を背景に添え、さらに強烈な色彩やことさら強調した陰影表現を施しています。


【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

三国妖狐図会  華陽夫人采姫が眼を射て班足王をなぐさむチェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢準源氏 乙女悪狐華陽夫人顕
二十四孝童子鑑 唐夫人
二十四孝童子鑑 唐夫人

歌川国芳 若狭屋与一版

二十四孝童子鑑 曽参
二十四孝童子鑑 曽参

歌川国芳 若狭屋与一版

生人形浅草奥山
生人形浅草奥山

歌川国芳画 釜屋喜兵衛版

北亜墨利加合衆国華盛都府之図
北亜墨利加合衆国華盛都府之図

歌川芳虎画 伊勢屋喜三郎版

ページトップへ