『大画法書 蘭語版』 だいがほうしょ

その他の画像全6枚中6枚表示

文書・書籍 / 江戸 

ヘラルド・デ・ライレッセ著 ハーレム刊 (1640-1711)
1740年
銅版(挿絵)
19.8×16.0
1冊


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

ライレッセ(1640~1711)の代表的芸術理論である『大画法書』は日本にもたらされ、佐竹曙山『写生帖』や森島中良『紅毛雑話』、亜欧堂田善の蘭画帖などに模写・利用されました。

 京都大学附属図書館には、背表紙に「J:H:Taf***erg」のサインが確認される石川大浪旧蔵本(1707年版 後に谷文晁の所蔵となる)が伝存しています。
『文晁画談』の記事からも、大浪が本書を西洋画法の理論的なよりどころとしていたことがわかり、彼の洋風画を考察する上でも重要な蘭書といえます。

【江戸時代の洋学】

作品所在地の地図

関連リンク

『大画法書 蘭語版』チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ファン・ロイエン筆花鳥図摸写
人体解剖図 オランダ語版
人体解剖図 オランダ語版

ホヴェルト・ビドロー著 へラルト・デ・ライレッセ原画 ユトレヒト刊

燕子花にハサミ図
燕子花にハサミ図

佐竹曙山筆

東西海陸紀行 オランダ語版
東西海陸紀行 オランダ語版

ニューホフ著 アムステルダム刊

ヨンストン動物図譜 蘭語版
ヨンストン動物図譜 蘭語版

J.ヨンストン著 M.フラウシウス訳 アムステルダム刊

ページトップへ