文化遺産オンライン

復元修理 楕円形鏡板付轡残欠

ふくげんしゅうり だえんけいかがみいたつきくつわざんけつ

作品概要

復元修理 楕円形鏡板付轡残欠

ふくげんしゅうり だえんけいかがみいたつきくつわざんけつ

考古資料 / 古墳 / 群馬県

出土地:群馬県太田市大字下小林字車塚(上野国山田郡休泊村大字下小林小字車塚)出土

古墳時代・5~6世紀

鉄製

鏡板 現存長6.1

1組

 出土金属器の修理は、脱塩・接合・強化などの保存処理が基本である。しかし、破損部が大きい場合などは、安全性を踏まえた型取技術などを用いて、一部が欠失部分の復原部を兼ねた保存安定台に固定し、原形の全体像を再現するような修理も試みている。   

復元修理 楕円形鏡板付轡残欠をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鏡板 / / Kofun / くつわ

関連作品

チェックした関連作品の検索