一行書「沙泉帯草堂」 いちぎょうしょさせんたいそうどう

 / 江戸 

石川丈山筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
1幅

 石川丈山は江戸時代初期に活躍した文人。もとは武将で名は重之。諸国行脚の後に京都郊外の一乗寺に「詩仙堂」という庵を結んで後年を過ごした。中国文化への憧憬からその書は楷書・行書よりも隷書を好んだと言われ、この一行書にもその影響が見られる。(130409_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

一行書「沙泉帯草堂」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一行書「得声不離門」
七言絶句
七言絶句

浦上玉堂筆

楷書懐素自叙帖語軸
楷書紺紙金字妙沙経
御一行書   釈迦名号
御一行書 釈迦名号

後水尾天皇

ページトップへ