一行書「黄中通理」 いちぎょうしょ こうちゅうつうり

 / 江戸 

皆川淇園筆
江戸時代・18~19世紀
紙本墨書
1幅

 淇園は京都生まれの儒者。『易源』『問学挙用』などの著者がある。文化3年(1806)には平戸藩主松浦静山(まつらせいざん)らの援助で弘道館を建てた。「黄中通理」は、『易経』巻第1の「上経神」所収の語で、従順で中庸の徳を持ち、天下の物事の道理に通じているという意味。(120904_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

一行書「黄中通理」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一行書「得声不離門」
山水図冊
山水図冊

黄易筆

溪山霽色図
溪山霽色図

皆川淇園筆

金光明経 巻第四断簡(目無経)
五言律詩
五言律詩

祇園南海筆

ページトップへ