文化遺産オンライン

溪山霽色図

けいざんせいしょくず

作品概要

溪山霽色図

けいざんせいしょくず

絵画 / 江戸

皆川淇園筆

江戸時代・18世紀

絹本淡彩

94.9×43.0

1幅

 右下の橋上や中景の舟上に人の姿。舟の奥には滝。絹地に擦りつけたような渇いた筆、藍や茶の淡彩が、明るく穏やかな画面を生んでいる。近景をくっきり、遠景をぼんやり描く遠近表現も成功。淇園は京都の儒学者で、円山応挙・呉春@ごしゅん@・岸駒@がんく@・長沢蘆雪@ろせつ@らと交流した。

溪山霽色図をもっと見る

皆川淇園筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 応挙 / 円山 /

関連作品

チェックした関連作品の検索