一行書「得声不離門」 いちぎょうしょ こえをえてもんをはなれず

 / 江戸 

北島雪山筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
1幅

 北島雪山は、肥後熊本藩の儒臣である。長崎で黄檗宗(おうばくしゅう)の僧侶独立性易(どくりゅうしょうえき)から書法を授けられ、中国書法の研鑽を積み、自らの書法を確立した。唐様(からよう)の祖として尊重される。一行書で雪山の署名のあるものは少なく、また巧みな書法で揮毫されており貴重な1幅である。(130409_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

一行書「得声不離門」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七言絶句「茶磨山詩」
詩書屏風
詩書屏風

三井親和筆

一行書「黄中通理」
一行書「黄中通理」

皆川淇園筆

竹図自画賛
竹図自画賛

中林梧竹筆

行書七言絶句軸
行書七言絶句軸

董其昌筆

ページトップへ