文化遺産オンライン

如定禅師墨跡 雙月二字

作品概要

如定禅師墨跡 雙月二字

/ 江戸

黙子如定筆

江戸時代・17世紀

紙本墨書

1幅

 江戸時代初期に中国・明より来日した僧。長崎の興福寺に入り、眼鏡橋の建設にも関わったと伝えられる。後に隠元を招致するのに尽力した。書法を知悉しており、篆刻の技術をわが国に広めたことでも知られる。

如定禅師墨跡 雙月二字をもっと見る

黙子如定筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隠元 / 黄檗 / 長崎 /

関連作品

チェックした関連作品の検索