文化遺産オンライン

米庵先生漫抄

べいあんせんせいまんしょう

作品概要

米庵先生漫抄

べいあんせんせいまんしょう

/ 江戸

市河米庵筆

江戸時代・19世紀

紙本墨書

1帙

 王羲之(おうぎし)の「蘭亭序(らんていのじょ)」の臨書などもあるが、大半が米庵の揮毫した詩文などの草稿本で、楷書・行書・草書・隷書・篆書の各書体に及んでいる。各所に訂正や書入れがあり、揮毫(きごう)に際し、さまざまに推敲(すいこう)したことが知られ、米庵研究に極めて重要な資料である。  

米庵先生漫抄をもっと見る

市河米庵筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 市河 / / 米庵

関連作品

チェックした関連作品の検索