文化遺産オンライン

西湖十景

せいこじっけい

作品概要

西湖十景

せいこじっけい

細井広沢筆

江戸時代・享保5年(1720)

紙本墨書

1巻

 中国の浙江省にある景勝の地、西湖の四季折々の風景を謳った明の張寧「西湖十景」を書いた書巻である。題字を篆書で書き、詩句を楷書・行書・草書・隷書などの各体を駆使して揮毫している。巻末の奥書から、享保5年広沢63歳の筆と知られる。  
ルビ:せいこ

西湖十景をもっと見る

細井広沢筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

西湖 / 篆書 / / 書く

関連作品

チェックした関連作品の検索