文化遺産オンライン

楷書紺紙金字妙沙経

かいしょこんしきんじみょうしゃきょう

作品概要

楷書紺紙金字妙沙経

かいしょこんしきんじみょうしゃきょう

/ / 中国

明神宗筆

制作地:中国

明時代・万暦29年(1601)

紺紙金泥書

34.8×225.8

1帖

文化元年(1804)の夏、米庵が長崎で入手した明の第14代皇帝・万暦帝の書です。冒頭に6仏6天像を、末尾に韋駄天像が手書きされています。米庵ははじめ顔真卿の多宝塔碑を学んでいましたが、その後はこの冊を数百回も臨書し、米庵の楷書の基礎となりました。ルビ: がんしんけい

楷書紺紙金字妙沙経をもっと見る

明神宗筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / Tang

関連作品

チェックした関連作品の検索