楷書紺紙金字妙沙経 かいしょこんしきんじみょうしゃきょう

その他の画像全3枚中3枚表示

 /  / 中国 

明神宗筆
制作地:中国
明時代・万暦29年(1601)
紺紙金泥書
34.8×225.8
1帖

文化元年(1804)の夏、米庵が長崎で入手した明の第14代皇帝・万暦帝の書です。冒頭に6仏6天像を、末尾に韋駄天像が手書きされています。米庵ははじめ顔真卿の多宝塔碑を学んでいましたが、その後はこの冊を数百回も臨書し、米庵の楷書の基礎となりました。ルビ: がんしんけい

作品所在地の地図

関連リンク

楷書紺紙金字妙沙経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

逍遥楼三大字
逍遥楼三大字

顔真卿筆

千福寺多宝塔碑
千福寺多宝塔碑

顔真卿筆

臧懐恪神道碑
臧懐恪神道碑

顔真卿筆

大唐中興頌
大唐中興頌

顔真卿筆

楽志論屏風
楽志論屏風

市河米庵筆

ページトップへ