千福寺多宝塔碑 せんぷくじたほうとうひ

その他の画像全4枚中4枚表示

 /  / 中国 

顔真卿筆
制作地:中国
唐時代・天宝11年(752)
紙本墨拓
碑面186.2×97.0(最小96.0),碑面縦(額込)237.2
1幅

長安の千福寺の多宝塔が建立された由来を記したものです。西京龍興寺【りゅうこうじ】の楚金【そきん】の請願により、44歳の顔真卿【がんしんけい】が揮毫【きごう】しました。安史の乱(755~763)以前の作例は稀少です。隷書の題額「大唐多宝塔感応碑」は、顔真卿と同時代の著名な書人である徐浩【じょこう】の筆になります。(130423_t082)

作品所在地の地図

関連リンク

千福寺多宝塔碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

顔氏家廟碑
顔氏家廟碑

顔真卿筆

臧懐恪神道碑
臧懐恪神道碑

顔真卿筆

謁金天王神祠題記
郭氏家廟碑
郭氏家廟碑

顔真卿筆

千福寺多宝塔碑
千福寺多宝塔碑

顔真卿筆

ページトップへ