Inscription on Stele of Pagoda at Qianfusi Temple

Details

Inscription on Stele of Pagoda at Qianfusi Temple

calligraphy / Tang Dynasty / China

By Yan Zhenqing (709-785)

Place of production:China

Tang dynasty, dated 752

Ink rubbing on paper

碑面186.2×97.0(最小96.0),碑面縦(額込)237.2

1幅

長安の千福寺の多宝塔が建立された由来を記したものです。西京龍興寺【りゅうこうじ】の楚金【そきん】の請願により、44歳の顔真卿【がんしんけい】が揮毫【きごう】しました。安史の乱(755~763)以前の作例は稀少です。隷書の題額「大唐多宝塔感応碑」は、顔真卿と同時代の著名な書人である徐浩【じょこう】の筆になります。(130423_t082)

Related Works

Search items related to work chosen