郭氏家廟碑 かくしかびょうひ

その他の画像全6枚中6枚表示

 /  / 中国 

顔真卿筆
制作地:中国
唐時代・広徳2年(764)
紙本墨拓
①(碑陽幅):碑面250.7×121.0/②(碑陰幅):碑面217.6×111.8
2幅

安史の乱の平定に大きな功績のあった郭子儀(かくしぎ)が、父の敬之(けいし)の廟に建てた碑です。この碑の題額(だいがく)は代宗皇帝が賜ったもので、碑文は郭氏の家系、郭敬之の事跡や郭子儀の業績を述べています。碑陰(ひいん)には、一族の官職が記されています。顔真卿が撰文し、書写しました。56歳の作。

作品所在地の地図

関連リンク

郭氏家廟碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

顔氏家廟碑
顔氏家廟碑

顔真卿筆

御史台精舎碑
御史台精舎碑

梁昇卿筆

臧懐恪神道碑
臧懐恪神道碑

顔真卿筆

千福寺多宝塔碑
千福寺多宝塔碑

顔真卿筆

謁金天王神祠題記
ページトップへ