謁金天王神祠題記 えつきんてんのうしんじだいき

その他の画像全3枚中3枚表示

 /  / 中国 

顔真卿筆
制作地:中国
唐時代・乾元元年(758)
紙本墨拓
碑面178.0×29.7
1幅

金天王とは、中国五山の一つである西嶽(せいがく)華山(かざん)(陝西省華陰県)のこと。この題記は、顔真卿(がんしんけい)が乾元元年の10月12日、饒州(江西省)刺史として赴任する途中、華山をまつる神祠(しんし)を参詣して揮毫しました。多宝塔碑の5年後、書風は大きな変化を遂げています。

作品所在地の地図

関連リンク

謁金天王神祠題記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

臧懐恪神道碑
臧懐恪神道碑

顔真卿筆

千福寺多宝塔碑
千福寺多宝塔碑

顔真卿筆

顔氏家廟碑
顔氏家廟碑

顔真卿筆

郭氏家廟碑
郭氏家廟碑

顔真卿筆

西嶽華山神廟碑
西嶽華山神廟碑

趙文淵筆

ページトップへ