西嶽華山神廟碑 せいがくかざんしんびょうひ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 南北朝(六朝) / 中国 

趙文淵筆
制作地:中国
北周時代・天和2年(567)
紙本墨拓
1幅

霊山として崇拝された西嶽の神霊を称える石碑の銘文で、書者は北周を代表する能書の趙文淵です。隷書の用筆を基本として、篆書や楷書の造形を交えるいわゆる雑体書で、この手の様式が当時の碑銘にまま見られます。原石は陝西省華陰市の西嶽廟に現存します。

作品所在地の地図

関連リンク

西嶽華山神廟碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

謁金天王神祠題記
隷書六言詩横披
乙瑛碑
御史台精舎碑
御史台精舎碑

梁昇卿筆

臧懐恪神道碑
臧懐恪神道碑

顔真卿筆

ページトップへ