文化遺産オンライン

逍遥楼三大字

しょうようろうさんだいじ

作品概要

逍遥楼三大字

しょうようろうさんだいじ

/ / 中国

顔真卿筆

制作地:中国

唐時代・大暦5年(770)

紙本墨拓

1幅

古くから、顔真卿(がんしんけい)の書として伝承される作です。逍遥楼は山西省の臨漳(りんしょう)県にあり、太宗皇帝や玄宗皇帝がこの地を行幸して、詩に詠じたほど、由緒のある楼閣です。款記(かんき)から、大暦5年1月1日、すなわち顔真卿62歳の作であることが分かります。

逍遥楼三大字をもっと見る

顔真卿筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Tang / / Zhenqing

関連作品

チェックした関連作品の検索