大唐中興頌 だいとうちゅうこうしょう

その他の画像全2枚中2枚表示

 /  / 中国 

顔真卿筆
制作地:中国
唐時代・大暦6年(771)
紙本墨拓
32.4×16.7
2帖

安禄山の乱や、史思明【ししめい】の乱を鎮め、唐王朝が再び盛んになったことを讃えたものです。元結(げんけつ)が撰文し、顔真卿【がんしんけい】が63歳の時に揮毫しました。祁陽(きよう:湖南省)の浯渓(ごけい)にある崖に文字を刻した、いわゆる磨崖碑(まがいひ)です。風化によって石面が傷んでいます。

作品所在地の地図

関連リンク

大唐中興頌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

臧懐恪神道碑
臧懐恪神道碑

顔真卿筆

千福寺多宝塔碑
千福寺多宝塔碑

顔真卿筆

逍遥楼三大字
逍遥楼三大字

顔真卿筆

謁金天王神祠題記
郭氏家廟碑
郭氏家廟碑

顔真卿筆

ページトップへ