文化遺産オンライン

書状

しょじょう

作品概要

書状

しょじょう

/ 安土・桃山

今井宗久筆

安土桃山時代・16世紀

紙本墨書

1幅

 今井宗久は堺の豪商・茶人。茶の湯を武野紹鴎に学び、足利義昭・織田信長・豊臣秀吉の茶頭となった。奈良の茶人、松屋久政にあてたもの。本書状は宗与(鉢屋)に用件を詳しく話したので、そちらで確認してほしい旨、また茶巾を進呈することなどを伝えている。 

書状をもっと見る

今井宗久筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

秀吉 / Azuchi / Momoyama / 安土

関連作品

チェックした関連作品の検索