唐人物花鳥獣蒔絵櫃 とうじんぶつかちょうじゅうまきえひつ

漆工 / 江戸 

江戸時代・17世紀
1合

鎖国制度が布かれた後、オランダを通じて欧州方面に輸出された櫃。ヨーロッパでは、東洋趣味を演出する装飾調度として用いられた。全体に黒漆を塗り、地の部分を広くとっており、漆独特のやわらかい艶や深みのある黒色が珍重されたものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

唐人物花鳥獣蒔絵櫃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

禽獣文鮫皮蒔絵大櫃
花鳥蒔絵螺鈿洋櫃
蒔絵螺鈿花樹鳥獣文洋櫃
蒔絵螺鈿花樹鳥獣文洋櫃

製作者不詳/日本製

花鳥蒔絵螺鈿角徳利及び櫃
楼閣山水蒔絵椅子
ページトップへ