文化遺産オンライン

観瀑図軸

かんばくずじく

概要

観瀑図軸

かんばくずじく

絵画 / / 中国

王翬筆

制作地:中国

清時代・康熙31年(1692)

紙本墨画淡彩

103.9×44.1

1幅

銘文:李晞古観瀑図唐解元有臨本到□因倣大意請正幼安先生 壬申清明後三日 石谷王翬 ; 王翬之印 ; 耕煙散人 ; 呉雲平斎長寿 ; 寒斎韻事

清時代を代表する画家である王翬【おうき】は、江南に生まれ、のちに北京で宮廷画家として活躍しました。渇筆【かっぴつ】を主とする文人山水画は、正統派として清朝宮廷画風となっていきます。これは王翬63歳、北京に滞在中の作品です。長尾雨山【ながおうざん】、および内藤湖南【ないとうこなん】の箱書があり、「李稀古【りきこ】と唐寅【とういん】の観瀑図を見て描いたとしているが、この作品は全て王翬の個性で描かれている。それゆえに王翬は大家であるといえるのだ」と評しています。

観瀑図軸をもっと見る

王翬筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 江蘇

関連作品

チェックした関連作品の検索