文化遺産オンライン

太刀

たち

作品概要

太刀

たち

その他 / 平安

古備前恒遠

平安時代・12世紀

刃長78.0 反2.6

1口

銘文:銘 恒遠

平安時代末期の備前国(びぜんのくに)(岡山県東南部)の刀鍛冶のうち、友成(ともなり)や正恒(まさつね)に代表される刀工を「古備前(こびぜん)」といい、恒遠(つねとお)はその名から正恒と近い関係の刀工と考えられます。この太刀は映りの立った地鉄(じがね)や直刃(すぐは)に小乱(こみだれ)が交えた刃文(はもん)に古備前の特徴がよく出ており、現存作数の少ない恒遠の特徴がうかがえます。

太刀をもっと見る

古備前恒遠をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

備前 / 正恒 / 太刀 /

関連作品

チェックした関連作品の検索