文化遺産オンライン

かたな

作品概要

かたな

その他 / 平安

伝古備前正恒

平安時代・12世紀

1口

元来は太刀で、磨上【すりあげ】を施して刃長【はちょう】(刃わたり)を短くした無銘の刀である。映りの立った地鉄(じがね)、沸【にえ】のよくついた小乱【こみだれ】を、焼いた刃文【はもん】は古備前正恒の特徴を示し、とりわけ潤いのある地鉄と刃中の微細で豊富な変化は古備前のなかでも正恒にような名工の作品に多い。(酒井氏執筆)

をもっと見る

伝古備前正恒をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

備前 / 正恒 / / 太刀

関連作品

チェックした関連作品の検索