文化遺産オンライン

白楽獅子香炉

しろらくししこうろ

作品概要

白楽獅子香炉

しろらくししこうろ

陶磁 / 江戸

常慶作

江戸時代・17世紀

陶製

通蓋高14.5 高10.6 胴径15.6*9.1

1合

中国伝来の古銅の香炉をモデルに、京都楽焼の常慶(じょうけい)が製作した白楽の獅子香炉です。柔らかい粘土を使って型作りにて成形し、独特の不透明な白楽釉を掛けています。この白釉を俗に「常慶の香炉釉」と呼んでおり、世に伝わる類品の中でも秀作です。

白楽獅子香炉をもっと見る

常慶作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

香炉 / / 獅子 /

関連作品

チェックした関連作品の検索