瀬戸獅子香炉  せとししこうろ

陶磁 / 室町 / 日本 

瀬戸
せと
日本
室町時代 
総高16.9㎝
一口
東京都港区南青山6-5-157
根津美術館
重要美術品

もとは一対の狛犬(こまいぬ)の阿形(あぎょう)であったもので、千利休が口から後頭部にかけて打ち割って、香炉に仕立てたと伝える作品である。背側には傷が目立つが、正面は力強い表情のがっしりとした姿の獅子である。狛犬は瀬戸窯で、13世紀末頃に生産が始まったと考えられている。これは、灰釉が黄瀬戸釉に近い色調を呈しているので、室町時代後半の作であることが、近年の調査で明らかにされている。箱の蓋表には、小堀遠州の筆で、「利休所持」と墨書されている。のちに土屋相模守(さがみのかみ)から松平不昧(ふまい)へと伝来している。

作品所在地の地図

関連リンク

瀬戸獅子香炉 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄瀬戸獅子香炉 
井戸香炉  銘 此世
丸壺茶入(相坂)〈瀬戸/〉
鉄釉狛犬
文琳茶入  銘 白玉 
ページトップへ