文化遺産オンライン

鉄釉狛犬

てつゆうこまいぬ

作品概要

鉄釉狛犬

てつゆうこまいぬ

陶磁 / 工芸品 / 室町 / 日本

室町時代

瀬戸製

阿形高19.8cm 吽形高20.2cm

1対

瀬戸窯では鎌倉時代以降、陶製の狛犬を作っているが、遺品は少ない。本作は、頭部から胴部を筒状に作り、茶褐色の釉を全体にかけている。均整のとれた体躯やたてがみの表現などは、同時代の木彫の狛犬にも劣らず、優美である。口を開いた阿形、閉じた吽形、ともに精悍な顔貌が印象深い逸品である。

鉄釉狛犬をもっと見る

名古屋市博物館をもっと見る

キーワード

狛犬 / / 阿形 / あわら

関連作品

チェックした関連作品の検索