文化遺産オンライン

木造獅子狛犬

もくぞうししこまいぬ

作品概要

木造獅子狛犬

もくぞうししこまいぬ

木像 / 中国・四国

広島県

室町時代

獅子(阿形) 一木造
狛犬(吽形) 一木造

獅子(阿形) 像高74.0㎝ 最大幅29.0㎝
狛犬(吽形) 像高80.5㎝ 最大幅23.0㎝

1対

東広島市志和町奥屋2532番地

東広島市指定
指定年月日:20150416

宗教法人二宮神社

有形文化財(美術工芸品)

 獅子狛犬の定型的表現をとっている。両像とも細身に作られ、左前足を少し前に出し蹲踞する。両像とも一木造りであるが、尻、尾は補修による後補である。後補は表面の仕上げを含んで全身に及んおり、当初の傷みが相当であったことが知られる。とはいえ、像の頭体基幹部分はしっかりと残り、胸を張って前肢をしっかりと地につけて直立する姿は力強さを感じさせる。
 なお、本像は大型である。広島県内で指定文化財となっている、中世に遡る木造の類例で像高が70㎝を超えるものは御調八幡神社の一対(国重文)しか無く、その点も特筆できる。

木造獅子狛犬をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

狛犬 / 阿形 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索