新保神社神仏習合諸品 しんぼじんじゃしんぶつしゅうごうしょひん

その他の画像全5枚中5枚表示

その他 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 中部 

鎌倉~江戸/13世紀~18世紀
仏像・狛犬は木造、懸仏は銅造、鰐口は鉄製。
多聞天立像:像高47.0㎝、不動明王立像:像高45.5㎝、地蔵菩薩立像:像高36.8㎝、十一面観音立像:像高25.5㎝、薬師如来坐像:像高20.3㎝、阿弥陀如来立像:像高32.8㎝、狛犬(小)阿形:像…
12点(仏像6体、狛犬4体、十一面観音懸仏1基、鰐口1基)
小松市指定
指定年月日:20131103
有形文化財(美術工芸品)

仏像6体のうち阿弥陀如来立像を除いた5体については、明治期に修行僧によって金泥など多色に塗り替えられた。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

新保神社神仏習合諸品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造阿弥陀如来及び両脇侍立像<BR/> 附 観音菩薩像内納入品<BR/>    阿弥陀如来印仏       十五枚<BR/>   勢至菩薩像内納入品<BR/>    阿弥陀如来印仏 包紙添   十一枚<BR/>     内一枚に弘安八年二月の記がある<BR/>   阿弥陀如来像内納入品(追納)<BR/>    一、台座光背寄進状 包紙添  一通<BR/>    一、位牌           一柱<BR/>
木造薬師三尊、不動明王・毘沙門天立像並びに十二神将立像
木造獅子狛犬
厨子入木造観音菩薩像及び勢至菩薩像 附 銅製天蓋 木造宝塔 木造舎利容器
木造阿弥陀如来坐像
ページトップへ