Grooved Stone Adze

Details

Grooved Stone Adze

Archaeology / Yayoi

Place excavated:From the Kyushu region

Yayoi period, 2nd - 1st century BC

石製(緑色凝灰岩)

211.0×42.0×38.5mm

1個

朝鮮半島から伝わった磨製石斧で、両刃の太型蛤刃(ふとがたはまぐりば)石(せき)斧(ふ)で木を切り、片刃の抉(えぐり)入(いり)柱(ちゅう)状(じょう)片(かた)刃(ば)石(せき)斧(ふ)や扁(へん)平(ぺい)片(かた)刃(ば)石(せき)斧(ふ)で材を加工しました。弥生時代中期になると九州から東北中部にかけて広く分布し、主に木製農具の製作にこうした石器が使われたと考えられています。

Search by Grooved Stone Adze

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Yayoi / 弥生 / 石斧 / Stone

Related Works

Search items related to work chosen