抉入柱状片刃石斧 えぐりいりちゅうじょうかたばさきふ

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 弥生 

出土地:九州地方出土
弥生時代(中期)・前2~前1世紀
石製(緑色凝灰岩)
211.0×42.0×38.5mm
1個

朝鮮半島から伝わった磨製石斧で、両刃の太型蛤刃(ふとがたはまぐりば)石(せき)斧(ふ)で木を切り、片刃の抉(えぐり)入(いり)柱(ちゅう)状(じょう)片(かた)刃(ば)石(せき)斧(ふ)や扁(へん)平(ぺい)片(かた)刃(ば)石(せき)斧(ふ)で材を加工しました。弥生時代中期になると九州から東北中部にかけて広く分布し、主に木製農具の製作にこうした石器が使われたと考えられています。

作品所在地の地図

関連リンク

抉入柱状片刃石斧チェックした作品をもとに関連する作品を探す

抉入柱状片刃石斧
抉入柱状片刃石斧
太型蛤刃石斧
磨製石斧
片刃石斧
ページトップへ