Stone Rice Reaper

Details

Stone Rice Reaper

Archaeology / Yayoi / Fukushima

Place excavated:From Koharada, Koriyama-shi, Fukushima

Yayoi period, 2nd - 1st century BC

石製(粘板岩)

42.0×14.0×7.5mm

1個

磨いて仕上げた石包丁は中国や朝鮮半島から伝わった石器の一つで、弥生時代を通じて九州から東北地方にかけて分布しています。稲などの穀物の穂を摘む道具で、身に紐を通して使うための孔が二つあります。本例は薄く剥がれやすい粘(ねん)板(ばん)岩(がん)で作られたものです。

Search by Stone Rice Reaper

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Yayoi / 弥生 / / Stone

Related Works

Search items related to work chosen