文化遺産オンライン

環状石斧

かんじょうせきふ

作品概要

環状石斧

かんじょうせきふ

考古資料 / 弥生

出土地:出土地不詳

弥生時代・前4~3世紀

石製(安山岩)

77.0×75.5×31.0mm

1個

円盤状で中央には孔があき、縁を薄く整えて刃部とした石器です。縄文時代から弥生時代にかけて各地に分布し、中央の孔には棒状の柄を挿して用いると考えられています。その用途は土掘り具や武器などさまざまな見解が出され、用途ははっきりとしていません。

環状石斧をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

弥生 / 石器 / 石斧 / Yayoi

関連作品

チェックした関連作品の検索